logo

ナレッジ

vol.70「生分解性プラスチックを使用しないと批判に晒される時代がやってくる」

週刊 戦略調達
  【今週のトピックス】   「カネカは2024年までに海洋生分解性プラスチックの生産量を現在の4倍の年2万トンに拡大する。(中略) 海外大手のホテルチェーンや食品メーカーなどからも納入要請があり、『既存のプラスチックから一気に置き換えが加速する』(田中稔社長)とみる。今回の投資を手始 ...
当社は支出管理(スペンドマネジメント)・戦略調達(ストラテジックソーシング)・最適購買を支援するソリューション群ならびにこれら業務のマネジメントノウハウと中国・アジア・米国・欧州・中南米をカバーするグローバルソーシングネットワークとを基に1)支出管理並びに調達購買マネジメントのアウトソーシング 2)支出管理・調達購買関連システム導入 3)貴社のグローバル最適購買実現などの支出管理・調達・購買・SCMに関わるプロフェッショナルマネジメントサービスを提供しています。それらのサービスを通じて貴社の「最善の支出管理・調達・購買」を実現することにより、調達購買コスト・物流費用・経費の削減や外部支出ならびにサプライチェーンマネジメントに対する効果の最大化による貴社の競争 ...

vol.70「生分解性プラスチックを使用しないと批判に晒される時代がやってくる」

 

【今週のトピックス】

 

「カネカは2024年までに海洋生分解性プラスチックの生産量を現在の4倍
の年2万トンに拡大する。(中略)


海外大手のホテルチェーンや食品メーカーなどからも納入要請があり、
『既存のプラスチックから一気に置き換えが加速する』(田中稔社長)と
みる。今回の投資を手始めに30年までに国内外で生産能力を年10万~20
万トンに引き上げを検討する。」
出所)「海で溶けるプラ、カネカが増産」『日本経済新聞』2022年2月7
日朝刊5面


海に漂着したプラスチックごみを海洋生物が誤って摂取してしまい、その
生命を危機に晒してしまう事などから、生分解性でないプラスチックの使
用に批判が高まっています。


現時点ではカネカの海洋生分解性プラスチックの価格はそうではない一般
のプラスチックの2倍となりますが、同社はその引合の強さから生産量を
引き上げ、30年迄には現在の40倍に迄持っていこうとしています。


特に、消費材においては、生分解性プラスチックを使用しないと批判に晒
される時代がすぐにやってくるかもしれません。


2022.4.15

©2021 Samurai Sourcing, Inc.  All rights reserved.