Zycus - 電子調達

手作業での調達の残念な現実

従来の手作業による調達・購買プロセスは、調達・購買部門が戦略調達を進める上での大きな障害となっています。特に、手作業でのRFx (RFI:情報依頼書、RFP:提案依頼書、RFQ:見積依頼書)作成は、面倒で、非常に手間と時間が掛かるものでした。新しい調達の試みは、エクセルやワードによる一からのRFx文書の作成、サプライヤからのばらばらなフォーマットでの回答、それらを見やすい形に整えるという非常に面倒ながらとても付加価値の低い作業、手作業でのサプライヤの点数付けとランキング、エクセルでの誤りの起こりやすい分析・評価モデルやシナリオの作成など、すべて非効率の塊といっても良い位です。

そのような面倒を避けるために、意識の低い調達・購買担当者は、気心の知れた限られた取引先のみからしか見積を取らないという行動にしばしば陥ってしまいます。そのため、新規サプライヤの開拓どころか、既存の取引先の間での競争環境すらできていないという事も少なくありません。加えて、見積交渉のやりとりは、すべて個人のeメールやファイルフォルダの中に保管されるのみで、そのまま埋もれてしまうというのも良くある事です。

そのため、調達・購買担当者が、新規の調達を行おうとすると、情報の共有がなされていないために、すべての作業を最初から繰り返さなければなりません。そうした歪みが、基礎的な関数のみならずマクロの作成といった過度に高い表計算ソフトへの習熟を調達・購買担当者に求めるという小手先の対応につながり、企業に余計な採用・教育費用を必要とさせています。

調達・購買プロセスを次世代の戦略調達のレベルに転換

貴社がこのような状況にあるのであれば、電子調達に投資をすべき時です。電子調達の効果は、実際の収益にプラスに働くものである事は、非常に多くの企業で実証されています。また、電子調達の導入を契機に、調達・購買業務のあり方を見直す事により、貴社の調達・購買部門を次のレベルに引き上げる事も可能です。

Zycusの電子調達ソリューションは、これまですべて手作業で調達を行っていたという企業でも、電子調達を使いこなせるようにデザインされています。これまでの色々な電子調達ソリューションの上手くいった部分と上手くいかなかった部分を吟味し、お客様のより具体的な要求や予算の制約を考慮した上で、Zycusの戦略調達ソリューションは、調達プロセスを簡素化し、グローバルソーシングを一貫して容易に行えるようにする事により、お客様が迅速に電子調達を社内に展開し、より高い投資対効果をより速く得られるようにしています。

単なるリバースオークションを超え、実際の交渉・取引先選定ツールへ

電子調達ソリューションの選択は、いかなる電子調達プログラムでも成功の鍵となります。しかし、その選択を誤った企業は、電子調達が社内に浸透せず、電子調達経由での調達・購買金額が低いままで、結果として、当初描いた程の効果を得られていません。

ユーザへの浸透が進まないのは、選択された電子調達ソリューションが、大抵のケースでは、ツールの利用が簡単にできる設計になっていない事が主な要因です。また、電子調達=リバースオークションという典型的な誤解に基き、eRFx文書の作成やサプライヤの評価といった他の重要な機能を考慮せずに電子調達ソリューションを選んでしまい、その結果、多くの調達案件がその電子調達(リバースオークション)ソリューションで実施できていないという企業も少なくありません。

このように、電子調達ソリューションの導入を検討される際には、調達・購買担当者がそれを実際に利用するか否かが、貴社に本当に導入効果をもたらすか否かの分かれ道になりますので、その点をご留意下さい。

ZycusのiSourceは、調達・購買担当者の実際の活用、継続的なコスト削減、客観的なサプライヤ評価を目的に設計されています。これらの目的を果たすべく、ZycusのiSourceは、リバースオークションのみにフォーカスするのではなく、調達・購買担当者が、複数項目にまたがるRFx文書の作成や、より多くのサプライヤの評価を、非常に簡単に行えるようにしています。ドラック&ドロップ、双方向、関係者によるスコアリンググラフでの取引先選定といったweb2.0技術を用いる事により、ユーザは、トレーニングなしに、楽しみながら!調達を行えます。

iSourceの特徴

  • 多くのユーザへの普及 - ドラッグ&ドロップ、双方向のスコアリンググラフによる取引先選定などのweb2.0テクノロジーの利用により、より多くのユーザに浸透、より多くの調達の実施、より多くの継続的なコスト低減
  • 関係者との協働での調達案件の設定 - 新しい調達案件のスクラッチでの設定、既存のい調達案件の活用、調達案件テンプレートの活用などにより、要求元、設計、生産技術など関係者とのチームによる協働での調達案件の設定を容易に
  • 徹底したサプライヤの分析と評価 - 客観的評価と主観的調整による徹底したサプライヤの分析と評価。それらの事後検証も
  • 少ない初期投資 - SaaSでの利用ならば、トレーニングコストもほとんど掛からず、コミットも最小でありながら、すぐに利用可能
  • 安心のサポート - eメール、電話、チャット、webでのナビゲーションが、調達・購買担当者だけでなく、多様なサプライヤベースに対して強力かつ効果的にツールの普及を支援

iSourceは、社内システム、SaaSの何れの運用形態にも対応しています。iSourceの詳細やデモに関わるご相談は、こちら もしくは03-4500-1342(代表)宛にご連絡下さい。

このページの先頭へ