グローバル最適購買組織構築サービス

サプライヤの品質が均一かつサプライヤ過多で採算にもあまり厳しくない国内サプライヤと異なり、海外のサプライヤは、モノづくり、品質、納期についての考え方に企業間のバラつきが大きくかつ取引条件や採算について非常に厳しものがあります。そのため、グローバル最適購買を実現するには、調達・購買に関する人材およびITインフラや、取引開始後の継続的な品質、納期管理の改善などのサプライヤマネジメントなどの組織的な対応が欠かせません。

当然、現地に張り付けるスタッフの人員や組織も膨れていき、サプライヤのみならず優良な現地スタッフの採用とそれら現地リソースのマネジメントの巧拙がグローバル最適購買の成否を大きく左右します。グローバル最適購買を成功させている企業は、サプライ市場各地にIPO(International Procurement Office:グローバル調達拠点)を設けるのみならず、各地域拠点と本社とを統合したグローバル最適購買組織を構築し、世界各地に散らばる地域拠点ならびにユーザ部門をグローバルにマネジメントする体制を整えています。

弊社では、グローバルのサービスネットワークを活用し、貴社のこうしたグローバル最適購買組織構築を支援します。弊社のみならず、弊社のサービスネットワークに属する各企業は、様々な業種や企業規模のお客様のグローバル最適購買組織を構築してきた経験があり、各地域における調達拠点や現地スタッフの確保や現地サプライヤとの直接取引に向けた納期管理、検査、品質管理体制の構築などグローバルサプライチェーンマネジメントの確立をハンズオンで行います。

グローバル最適購買組織構築サービスに関わるご質問ならびにご相談は、こちらもしくは03-4500-1342(代表)宛にご連絡下さい。

このページの先頭へ