HOME  »  ニュース  »  2010

ニュース

調達・購買業務の正しい評価、担当者のモチベーション向上に「調達担当者の360度評価」サービス、導入コンサルティング提供開始(2010年2月 1日)

多くの企業が、調達・購買業務は、コスト削減額やKPIでは図れない事には気づいているものの、他に変わる方法が見つからず、頭を抱えています。

誤った評価手法での評価・管理は、指標の定義を巡る不毛な議論や、その結果に一喜一憂し、その改善に右往左往しても、適正なモノを適正な価格で適正なサプライヤから買えませんし、貴社のキャッシュフローに実のあるインパクトも得られません。誤った評価・管理は、担当者、部門のエネルギーを浪費させ、時には、サプライヤと結託して高い見積を持ってこさせたり、そこまでの悪意がないにしても、評価項目にない品質評価やリスク管理の対策で手を抜くなど、担当者や部門を望まない方向に、誘導してしまいます。

一番良くないのは、誤った評価・管理で担当者を疲弊させ、そのモチベーションを低下させてしまう事です。担当者の裁量が大きい調達・購買業務においては、担当者のモチベーションを高く維持し続ける事は、調達・購買業務で高い成果を上げていくのに不可欠な要素の一つです。

弊社では、360度評価を導入して躍進をはたした企業が開発した360度評価のSaaSサービスを紹介しています。合わせて、貴社ののご要望に応じ、弊社のみならず、実際に360度評価を導入し、成功しているこの企業の経験・ノウハウも交えた導入・活用コンサルティングの提供を開始しました。

ニュース一覧に戻る

このページの先頭へ