サプライヤ開拓から品質検査・納品管理まで、ワンストップで多様な材カテゴリに対応した「中国調達代行」サービス

ますます激しくなるグローバル競争、未曾有の景気低迷の中では、調達・購買業務においても、これまでのやり方に捉われずに、適材を適地から調達する必要があります。

このような環境下、中国サプライヤの品質向上もあいまって、中国からの海外調達がコスト削減の手段として再び見直されています。

しかし、中国のサプライヤは、日本のサプライヤと全く異なる考え方、交渉スタイル、商慣行を持っており、買い手企業が「こちらが買い手なのだから、こちらの言う事を聞くのが当然」という態度で臨んでも、世界を相手に取引をしている優良な中国企業からは、見積を取得することすらおぼつきません。ようやく取引にこぎつけたとしても、多くの企業が、日本の取引先と同じような感覚で調達、取引を行い、様々なトラブルに巻き込まれ、成果を上げられずに終わっています。

中国調達を成功させている企業は、現地に調達・購買専任の担当者を派遣し、現地の考え方・商慣行・文化を踏まえた上で品質管理を徹底し、品質とコストの対立しがちな二つの目標をそれぞれ追求することで、日本でも通用する品質のものを日本の2/3以下のコストで製造することを達成しています。現地の業界・サプライヤの事情に精通し、正しい手順で情報を収集し、サプライヤを選定し、調達・購買・サプライヤ管理を行えば、「世界の工場」となった中国サプライヤは、貴社のコストダウン・競争力強化に向けた協力なパートナーとなります。

人材の豊富な大企業では、こうした対応が可能かもしれませんが、中堅・中小企業では、なかなかそうした手を打てません。弊社では、そうした中国からの海外調達を検討したいのだけれども、体制が整わないとお悩みのあなたを支援するために、材カテゴリ毎に、現地の業界・サプライヤの事情に精通した様々な現地パートナーと業務提携し、その中から貴社の調達品目毎に適したローカルパートナーを活用し、サプライヤ候補の発掘から、品質認定、取引条件の決定、契約、発注、納品管理に至るまで、すべての調達・購買・納品管理プロセスに対応した中国調達代行サービスを提供しています。弊社とこれらのローカルパートナーとが貴社の調達・購買業務を代行することで、お客様と中国企業との考え方、交渉スタイル、商慣行の違いを吸収し、そうした違いから生じるトラブルやリスクを解消させ、効率的に最善の取引が行われるのを支援します。

弊社の中国調達代行のもう一つの特徴は、中国調達のこうした良い面、悪い面、貴社の状況を睨みながら、貴社の海外調達を支援します。具体的には、中国調達ありきで考えるのではなく、あまたあるグローバルソースの一つに過ぎないと考え、品質、物流やトラブルによる損失も含めたトータルコスト、安定調達、リスク管理の観点で中国から調達するのがベストという時にのみ、中国のサプライヤとの取引をお勧めします。

弊社の中国調達代行サービスで提供している業務は以下の通りで、これらを組み合わせて貴社のご要望や状況に応じて柔軟に対応しています。

  • 調達案件戦略の立案
  • 日本など代替ソースも含めたサプライヤ候補の開拓
  • サンプルや試作品の提供、工場審査のアレンジなど、品質認定に必要な情報収集・提供
  • 電子入札、リバースオークション、対話型電子見積等を活用したぎりぎりまでのサプライヤとの交渉
  • 取引開始後の品質検査、納期管理
  • 貴社内の海外調達推進体制の整備
  • 調達・購買インフラの提供

また、貴社のリスクを除くために、貴社内の海外調達推進体制構築に関わるコンサルティングや調達・購買インフラの提供を除いて、中国調達代行サービスは貴社と選定サプライヤとの取引成立後の成功報酬で実施しています。

対応している材カテゴリは、メカトロニクス/機構部品(板金、プレス加工、鋳物、精密機械加工、金型など)、エレクトロニクス/電子部品(プリント基板、コンデンサ、抵抗、モータ、ハーネス、ユニットなど)、建材(ALCパネル、複層ガラス、ガラスブロックなどガラス加工品、アルミ型材・射出加工、大理石、インテリア、内装、パイプなど)、その他(工具、包装印刷、家電製品など)と、多様な品目に対応しています。

【取扱材カテゴリ】

中国調達代行サービスの取扱材カテゴリ

【支援事例(提携パートナーによるものも含む)】

中国調達代行サービス事例

弊社の中国調達代行に関わるご質問ならびにご相談は、こちらもしくは03-4500-1342(代表)宛にご連絡下さい。

このページの先頭へ