HOME  »  ナレッジ  »  環境調達.com

【環境調達.com 第3号 2009.7.9】
高い塗装効率とリサイクルに適した無色透明ビンの用途を広げる和光化学工業

今回ご紹介する和光化学工業は、ガラス瓶塗装のパイオニアです。飲料用
ガラスビン、化粧品ガラスビン、ガラスインテリア製品などを製造してい
ます。

■弊社が注目している点

1.高い塗装効率

当社は、家電などの金属製品では主流であった静電塗装を、絶縁体である
ガラスに利用する技術を独自に独自に編み出している。静電塗装の最大の
メリットは、スプレーガンによる方法に比べ、利用する塗料ミストの大幅
が大幅に削減される事であり、当社では90~95%の高い塗料吸着率を誇っ
ています。また、静電塗装により、瓶の側面や背面まで均等に塗装できま
す。

加えて、静電塗装は、塗料ミストの飛散を防ぎ、大気汚染も低減していま
す。当社は、生産ラインを無人化に成功し、作業員の安全も確保していま
す、

2.リサイクルに適した無色透明ビンの用途の拡大

当社の静電塗装は、ガラス容器に薄膜のカラーコーティングを施す技術で、
無色透明ガラスに、パール調、グラデーションコート、陶器調、クリスタ
ル調など、無色透明ガラスとは思えないハイクオリティな質感を持たせら
れます。また、当社では、ガラス瓶のレーザーマスキング技術を開発し、
塗装後の瓶に特殊なレーザー光線を当て、一部分を蒸発させて塗料をはく
離することで、塗装に自由なデザインや複雑な模様を施すことができます。
当社では、紫外線からビンの内容物を保護するためのUVカット塗装や、抗
菌コートなど、塗装自体に機能をもたせ、高付加価値化することにも成功
しています。

こうした技術が優れているのは、リサイクルに適した無色透明ビンの用途
を拡大させる点です。ガラス素地そのものに着色する着色瓶は、一部の化
粧品や薬に使われている乳白色のビンは燃えないゴミにしかなりませんし、
リサイクル可能なものでも、同じ色のガラス原料にしかなりません。

しかし、当社の様に、無色透明のビンに表面塗装する方法は、リサイクル
の過程のガラス溶解の時に塗装を溶かしてしまうので、再び無色透明のガ
ラス原料に戻すことができます(当社の製品の場合には、あまりにも高級
感がありすぎて、不燃物と誤解されてしまうケースもあるようですが。。。)
塗装ビンと着色ビンの違いは、口元が無色透明か着色されているかで簡単
に見分けられますので、今後はこの方法で識別して下さい。

無色透明ビンのメリットは、再利用の可能性が高い事と、分別の手間が省
ける事にあります。着色されたガラス原料ですと、その色を好むユーザが
現れない限り、再利用されません。無色透明ガラスであれば、ユーザがど
のような色を好もうと、再び表面塗装すれば良いので、再利用の可能性が
高まります。着色ガラスは、分別の手間・コストが掛かりますので、それ
らが阻害要因になり、リサイクル率の低下にもつながってしまいますが、
無色透明ビンであれば、そうした事も防げます。PETボトルに押され、ガ
ラス瓶の利用が減少していく中で、リサイクルに適した無色透明ビンの用
途を拡大させる事は、評価されるべきと弊社は考えます。

■実績

和光化学工業は資生堂、アサヒビールなど、大手企業にも採用実績があり
ます。2005年愛・地球博では、環境配慮型静電塗装法が高く評価され、塗
装会社として唯一出展が認められました。

■会社情報(2009年1月時点)

商号:和光化学工業株式会社
創業:昭和22年4月
会社設立:昭和43年7月19日
資本金:9,000万円
従業員数:90名(派遣社員含まず)
代表取締役:黒瀬直彦
事業内容:ガラス容器・ガラス製品の静電塗装・樹脂容器の静電塗装
取扱品目:化粧品容器・酒瓶・飲料水容器・食品瓶・芳香瓶・薬品瓶 他
本社所在地:〒547-0002 大阪市平野区加美東2丁目2番28号
TEL:06-6792-5525(代表)
URL:http://www.wakokagaku.co.jp/info03.html

※以上は、掲載企業や一般に公開されている情報を基に、参考情報として、
弊社の視点で編集したものです。掲載企業との取引や契約については、あ
なたの判断に基づき行って下さい。掲載企業との取引や契約についてのト
ラブルについては、弊社では一切責任を負いませんので、あらかじめご了
承下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【貴社の取組事例や優良サプライヤ様を無料で応援させて頂いています】

弊社では、企業規模やブランドに関わらず、本当に良いモノが売れる社会
に微力ながらでも貢献したく、弊社が評価する環境負荷を低減する商品・
サービスの開発事例や優良サプライヤ様について、この環境調達.comや、
弊社のお客様や調達・購買部門の方々などに対する弊社からの情報発信を
通じて無料でご紹介させて頂いています。

是非、貴社の環境に配慮した優れた商品・サービスの開発事例や優良サプ
ライヤ様について、情報をお寄せ下さい。

弊社が応援するのは、

1.既存の商品・サービスに対して競争力を持つこと
2.実際に環境負荷を低減するもの
3.環境負荷の低減効果を証明できるもの

といった条件を満たす商品・サービス、サプライヤ様です。

この三点を弊社が評価できるものであれば、お寄せ頂く情報の様式は自由
です。環境負荷を低減する優良商品・サービスの開発事例やサプライヤ様
の情報は、このメールにご返信頂くか、ms1@samuraisourcing.com宛にお
送り下さい。評価やご紹介にあたって料金は頂戴しませんので、是非ご連
絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【株式会社 戦略調達からの他の情報提供のご案内】

■調達・購買部門のマネジメントblog 「調達・購買部門の縦と横」
調達・購買部門のマネジメントのあり方について、1.部門マネジメント、
2.体系化、3.実践という弊社独自の視点により、ブログ形式でまとめ、弊
社サイトにご登録頂いた方に限り公開しています。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/knowledge/blog/

※「調達・購買部門の縦と横」は、調達・購買・物流関連業務に携わって
いる方向けに行っているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、
同業他社様からの申し込みにつきましては、お申し込みをお断りさせて頂
く場合がございますこと、ご了承願います。

■コスト削減・経費削減のヒントを無料でお届けする「週間 戦略調達」
調達・購買業務のマネジメント、戦略調達のプロフェッショナルが、最新
のトピックスから、調達・購買業務におけるトレンド、業務への影響を解
説。調達・購買業務とそのマネジメント、コスト削減・経費削減のヒント
を無料でお届けするメールマガジン。毎週火曜日発行。
ご登録・詳細はこちら⇒ http://samuraisourcing.com/knowledge/weekly/
                
■調達・購買プロフェッショナル登録
当制度は、弊社でのポジションの有無に関わらず、調達・購買業務でキャ
リアを形成したいという方々に、希望する調達材カテゴリやご経歴などを
伺い、適したポジションの募集が生じた場合に、優先的にご登録頂いた方
へ働きかけるものです。

ご登録頂いた方には、定期的情報提供やトレーニング、各人の研鑽を目的
としたディスカッションセッションなどへのご招待といったメリットがあ
りますので、是非ご登録をお願いします。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/recruit/recruit/entry.html

■「月刊 戦略調達」のご案内
弊社では、弊社からのお知らせや弊社の調達・購買業務、部門マネジメン
トに関するトピックをお送りする「月刊 戦略調達」を発行しています。
「月刊 戦略調達」は、臨時号を除き月刊で発行する予定です。

「月刊 戦略調達」のご購読をご希望の方は、件名を「月刊 戦略調達配
信希望」とし、
  1) 貴社名
  2) 貴部署名
  3) お役職名
 4)お名前
  5) ご所属先メールアドレス
 6) お電話
  をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛にメールにてお送り下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

1年程前に和光化学工業さんの紹介をTVで見た時に、「環境にも配慮しつ
つ、経済的にもお客様に優れた製品を提供しているサプライヤがいるんだ
な」と思った事が、この環境調達.comの着想のきっかけでもあるので、個
人的には、今回、和光化学工業さんをご紹介できて嬉しく思います。

環境調達.comでの優良サプライヤの紹介は、今回の形式を考えております
が、皆様の声に合わせていきますので、優良サプライヤ紹介の方法につい
てのご意見、ご感想をお寄せ頂ければ幸いです。(このメールへの返信で
できます)                        

                            (中ノ森)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com】
■発行者 株式会社 戦略調達 中ノ森 清訓
 www.samuraisourcing.com
■発行日 毎週木曜日+随時
■創刊 2009/6/22
■ご意見、ご感想、お問い合わせは ms1@samuraisourcing.com
  トピックスの選定や構成も皆様の声に合わせていきますので、ご意見、
  ご感想をお寄せ下さい。(このメールへの返信でできます)
■引用、転送などは、出所を明記して頂ければ、了承を得たものとします。
■よろしければお知り合いや職場の方々へ、この「環境調達.com」をご
 紹介・ご転送下さい。「環境調達.com」の配信申し込み(無料)は
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000293666.html

このページの先頭へ