HOME  »  ナレッジ  »  環境調達.com

【環境調達.com 第16号 2009.10.8】
web約款で顧客満足の向上、印刷費削減、環境経営 東京海上日動火災

【環境調達.comへのご関心アンケートのご協力のお願い】

弊社では、情報発信は読まれてこそと考えておりますので、あなたの「環
境調達.com」へのご関心についてのwebアンケートにご協力頂きたく、よろ
しくお願い申し上げます。「環境調達.com」を読まれていない方でも、こ
ういう情報があれば読むという事も伺っていますので、ご協力願います。
1分と掛かりませんのでよろしくお願い申し上げます!

アンケートはこちら⇒ http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=20269

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com 新着トピックス】

環境調達.comへのご関心アンケートにご協力頂いた方はありがとうござい
ました。今の所、読者も未読者の方もサプライヤの紹介よりも、Leanで
Greenな製品・サービス開発紹介をという事ですので、今回は、東京海上日
動のLeanでGreenなサービス開発事例をご紹介します。

東京海上日動火災は、2009年7月始期契約からの自動車保険と生損保一体
型保険の「契約のしおり(約款)」を、お客様が紙の冊子かWeb上での閲
覧方式の何れにするか選択する事ができるようにしました。

東京海上日動火災のweb約款はこちら⇒
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/yakkankyotsu.html

保険会社が契約のしおり、約款と呼んでいるものは、保障内容や、保険
金、給付金の支払条件など、保険契約の内容を記載したもので、保険業
法で約款の作成が義務付けられています。ですので、あなたが、「契約
のしおりはどうせ読まないから要らない。その代わり保険料を安くして」
と言っても、保険会社としては、約款を作成して、渡さなければいけない
のです。

契約のしおり、冊子という表現から、たいした費用ではないと思われるか
もしれませんが、特約が多くあるもの、医療保険など保障内容、支払条件
が複雑なものでは、200ページを超すものもあります。こうなってくると、
しおり、冊子ではなく本と呼ぶべきでしょう。

でも、通常は、誰も保険約款を読みませんよね。それでも、保険会社は、
その作成に膨大な費用を掛けなければならなかったのです。web約款は、
誰も読まないような約款の作成費用を大幅に削減すると共に、大量の紙資
源の節約につながります。

また、約款の電子化は、取組み方によっては、お客様の利便性を向上させ、
お客様満足にもつなげる事が可能です。普段、お客様は約款に目を通す事
は殆どないと思われますが、お客様が保険約款を見る時があります。それ
は、事故、災害、病気などトラブルが発生して、保険金、給付金が必要に
なった時です。保険約款は、通常、ページ数も膨大ですが、普通の書籍よ
りも小さい文字で書かれている事が多く、必要な情報がなかなか見つかり
ません。特にトラブルにあって、気持ちが平静でない時に、必要な情報が
見つからないと、人間は非常にイライラしますので、そのような約款では、
保険会社は保険金を払いたくないので、わざと情報を得にくくしているの
ではないかと、お客様が、保険会社に対する不信・不満を募らせる危険す
らあります。

電子化された約款であれば、目次とのリンクや、トラブルの内容と約款な
らびその要約説明とのリンクを上手にデザインする事で、お客様のトラブ
ルをスムーズに解決する事が可能になります。また、事務経費を削減する
事で、保険料の引き下げにつなげる事も可能になります。

紙を電子化して、顧客満足の向上、印刷費削減、環境経営を同時に達成で
きる機会は、保険約款以外にも、例えば、電化製品やゲームなどの取扱説
明書、営業パンフレットなどまだまだ沢山あります。

取扱説明書が読まれるのは、操作が分からない、或いは故障した時など、
お客様に迷惑を掛けている時です。web取扱説明書も良いのですが、取扱
説明書がまったく要らなくなるような取扱説明書を読まずに操作できる製
品デザイン、故障の少ない安定したモノづくりを目指したいですね。

販売側として、何とかお客様に訴求しようと、営業パンフレットに色々な
情報を詰め込む気持ちも分かりますが、そんな説明をいちいち読まなくて
も、お客様が買いたくなる商品・サービスづくりをしたいですね(これは、
弊社こそ取り組まなければいけません。弊社のサービスも、もっとお客様
に分かりやすいものにしたいと考えています。まだ良い知恵はありません
(><))

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【貴社の取組事例や優良サプライヤ様を無料で応援させて頂いています】

弊社では、企業規模やブランドに関わらず、本当に良いモノが売れる社会
に微力ながらでも貢献したく、弊社が評価する環境負荷を低減する商品・
サービスの開発事例や優良サプライヤ様について、この環境調達.comや、
弊社のお客様や調達・購買部門の方々などに対する弊社からの情報発信を
通じて無料でご紹介させて頂いています。

是非、貴社の環境に配慮した優れた商品・サービスの開発事例や優良サプ
ライヤ様について、情報をお寄せ下さい。

弊社が応援するのは、

1.既存の商品・サービスに対して競争力を持つこと
2.実際に環境負荷を低減するもの
3.環境負荷の低減効果を証明できるもの

といった条件を満たす商品・サービス、サプライヤ様です。

この三点を弊社が評価できるものであれば、お寄せ頂く情報の様式は自由
です。環境負荷を低減する優良商品・サービスの開発事例やサプライヤ様
の情報は、このメールにご返信頂くか、ms1@samuraisourcing.com宛にお
送り下さい。評価やご紹介にあたって料金は頂戴しませんので、是非ご連
絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【株式会社 戦略調達 最新トピックス】

■支出管理の世界的リーディング企業のZycus社との提携により支出管理・
 契約管理ソリューションの販売開始

弊社は、この度、支出管理ソリューションの世界的なリーディング企業
Zycus, Inc.と業務提携し、Zycus社の支出管理、電子調達、契約管理ソ
リューションの販売を開始しました。

Zycus社の支出管理・電子調達・契約管理ソリューションの概要はこちら
⇒ http://www.samuraisourcing.com/service/zycus/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【調達・購買コスト削減、業務改善にお悩みの方必見!
「どこから始める調達・購買コスト削減?」セミナーテキストを無料配布】

弊社では、先般開催し、高い評価を頂いた「どこから始める調達・購買コ
スト削減?」セミナーテキストの無料配布を開始しました。

詳細はこちら⇒http://samuraisourcing.com/news/post_10.html

セミナーテキストの申し込みは、タイトルを「どこから始める調達・購買
コスト削減セミナーテキスト希望」として、

    * お名前
    * 会社名
    * 部署名
    * 役職名
    * お勤め先メールアドレス
    * 電話番号

をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛に、もしくはこのメールの返
信にてお申し込み下さい。

※当資料の配布は、調達・購買・物流関連業務に携わっている方向けに行っ
ているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、コンサルティン
グ業やソリューション提供業の方の申し込みについてはお断りさせて頂き
ます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【株式会社 戦略調達からの他の情報提供のご案内】

■調達・購買部門のマネジメントblog 「調達・購買部門の縦と横」
調達・購買部門のマネジメントのあり方について、1.部門マネジメント、
2.体系化、3.実践という弊社独自の視点により、ブログ形式でまとめ、弊
社サイトにご登録頂いた方に限り公開しています。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/knowledge/blog/

※「調達・購買部門の縦と横」は、調達・購買・物流関連業務に携わって
いる方向けに行っているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、
同業他社様からの申し込みにつきましては、お申し込みをお断りさせて頂
く場合がございますこと、ご了承願います。

■コスト削減・経費削減のヒントを無料でお届けする「週間 戦略調達」
調達・購買業務のマネジメント、戦略調達のプロフェッショナルが、最新
のトピックスから、調達・購買業務におけるトレンド、業務への影響を解
説。調達・購買業務とそのマネジメント、コスト削減・経費削減のヒント
を無料でお届けするメールマガジン。毎週火曜日発行。
ご登録・詳細はこちら⇒ http://samuraisourcing.com/knowledge/weekly/
                
■調達・購買プロフェッショナル登録
当制度は、弊社でのポジションの有無に関わらず、調達・購買業務でキャ
リアを形成したいという方々に、希望する調達材カテゴリやご経歴などを
伺い、適したポジションの募集が生じた場合に、優先的にご登録頂いた方
へ働きかけるものです。

ご登録頂いた方には、定期的情報提供やトレーニング、各人の研鑽を目的
としたディスカッションセッションなどへのご招待といったメリットがあ
りますので、是非ご登録をお願いします。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/recruit/recruit/entry.html

■「月刊 戦略調達」のご案内
弊社では、弊社からのお知らせや弊社の調達・購買業務、部門マネジメン
トに関するトピックをお送りする「月刊 戦略調達」を発行しています。
「月刊 戦略調達」は、臨時号を除き月刊で発行する予定です。

「月刊 戦略調達」のご購読をご希望の方は、件名を「月刊 戦略調達配
信希望」とし、
  1) 貴社名
  2) 貴部署名
  3) お役職名
 4)お名前
  5) ご所属先メールアドレス
 6) お電話
  をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛にメールにてお送り下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【弊社のお勧め】

■『 中国調達とものづくりの現場から』(メルマガ)
バイヤーキャリア15年、中国調達7年の産機部品バイヤーのZhenさんの中国
調達実践論。その視点は、中国調達だけでなく、すべての調達に通じます。
無料購読はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000241825.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

今回もアンケートの結果に従い、優良サプライヤではなく、LeanでGreen
なサービス事例をトピックスに選びましたが、いかがでしたでしょう?

読者の声に応じて、すぐ簡単に編集方針を変えられる。ベンチャー企業の
良い所の一つですね(節操がないと言われるかも知れませんが。。。)

とはいえ、まだまだ回答数が少ないので、まだ「環境調達.com」へのご関
心についてのwebアンケートにご回答されていなければ、ご協力よろしく
お願い申し上げます。1分と掛かりませんのでよろしくお願い申し上げます!
(山本)

アンケートはこちら⇒ http://www.smaster.jp/Sheet.aspx?SheetID=20269

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com】
■発行者 株式会社 戦略調達 中ノ森 清訓
 www.samuraisourcing.com
■発行日 毎週木曜日+随時
■創刊 2009/6/22
■ご意見、ご感想、お問い合わせは⇒ ms1@samuraisourcing.com
  トピックスの選定や構成も皆様の声に合わせていきますので、ご意見、
  ご感想をお寄せ下さい。(このメールへの返信でできます)
■引用、転送などは、出所を明記して頂ければ、了承を得たものとします。
■よろしければお知り合いや職場の方々へ、この「環境調達.com」をご
 紹介・ご転送下さい。「環境調達.com」の配信申し込み(無料)は
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000293666.html

このページの先頭へ