対話型電子見積による調達材実績

対話型電子見積は、見積・入札参加社に仕様などを開示する情報項目、サプライヤからの見積・提案の受付方法、およびそれらの評価方法を案件に応じて設定できる様になっており、包装、物流、MRO、原材料、汎用部品など、直接材・間接材を問わず様々な材・サービスの調達に活用され、多くの材で、安定調達や品質などのお客様の要求や既存取引先への影響の抑制といった取引上の制約を満たしつつ、10~20%程度のコスト低減をしてきた実績を誇っています。

【対話型電子見積のカテゴリ別コスト低減実績】
カテゴリ別コスト低減実績注)CombineNet, Inc.社による集計


【対話型電子見積の取扱材の実績】
取扱材実績

このページの先頭へ