HOME  »  ナレッジ  »  環境調達.com

【環境調達.com 第58号 2010.8.5】
川崎市、BBQの外部不経済に課金

【2010年ストラテジックソーシングベンチマーキング継続調査のご案内】

弊社では、調達・購買業務のあるべき姿と日本の現状、各社様の状況を明
らかにするストラテジックソーシングスコアカードを活用したベンチマー
キング調査を継続的に行っています。

当調査は日本の調達業務の礎づくりという観点から、無料にて実施してい
ます。調査にご協力頂いた方には、漏れなく2010年春に実施した調査・分
析結果をまとめた「2010年ストラテジックソーシングベンチマーキング調
査報告書」ならびに次回更新版(2011年春実施予定)を差し上げます。

調達業務のあるべき姿、他社との比較の中での貴社の現状、今後の改善点
を把握する上で、参考になる情報を提供できるかと存じますので、より多
くの方々にご協力賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

当調査の詳細と継続調査への参加申し込みについては
http://www.samuraisourcing.com/service/benchmark/ をご覧下さい。
   
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com 新着トピックス】

川崎市は、多摩川河川敷で行われているバーベキューについて、それによ
って生じるゴミ処理や大音量での音楽演奏等に対処するため、バーベキュ
ー利用について課金する社会実験を行うとのことです。

これは、新たにバーベキュー施設を設けてということではなく、河川敷の
利用そのものに対して課金する試みです。

このバーベキューで生じるゴミ処理や大音量での音楽演奏への対処は、典
型的な「外部不経済」と呼ばれる問題です。人や企業には、直接関係を有
していない第三者や地球環境に損害や不利益を与えても、それを無視する
傾向があります。時には、そうしたツケを第三者や環境に転嫁することで、
不当にその取得コストを引き下げ、利益を得ようとします。これは悲しい
人間の性で、そのため、市場原理だけではすべてのものを解決できないと
言われるゆえんでもあります。こうした行為による第三者や地球環境が受
ける損害や不利益が外部不経済です。

外部不経済を是正するには、そのコストの内部化、つまり受益者に正当な
コストを負担させる必要があります。

これまで多摩川の河川敷で行われているバーベキューで生じるゴミや騒音
への対処には市費が投じられてきました。つまり、河川敷を利用していな
い人も含めた川崎市民が税金という形でそのコストを負担しており、それ
が外部不経済という訳です。

川崎市の社会実験の概要は、9/1から30まで河川敷の利用時間や利用方法
に制限を設け、河川敷の入り口で小学生以上から一人当たり500円を徴収
するというものです。利用者の多い土日・祝日には警備員を常時約10人配
置するとのことです。

せちがらい世の中でしょうか?

「いいじゃん、河川敷の利用ぐらいケチケチするな!」

「どうせ河川敷は無料なんだから」でしょうか?

繰り返しになりますが、河川敷の利用コストは無料ではありません。環境
負荷のコストは見えないだけで、コストは厳然として発生しています。

今回の件が、人々に環境負荷はコストであり、負荷を与えた人間が負うべ
きという受益者負担の原則の浸透につながり、環境負荷の低減に価値を認
めてもらうきっかけの一つになることを願います。

   
※以上は、掲載企業からの情報や一般に公開されている情報を基に、参考
情報として、弊社の視点で編集したものです。掲載企業との取引や契約に
ついては、あなたの判断に基づき行って下さい。掲載企業との取引や契約
についてのトラブルについては、弊社では一切責任を負いませんので、あ
らかじめご了承下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【第2回MBA 非公式分校開催のご案内】

初回から10人参加と好評だったテキサス大学オースティン校 McCombs
MBA非公式分校ですが、第2回が8/21(土)17:00から開催されます。

今回は参加者持込のリアルケース。テーマは普段目にする○○の商品企画
です。リアルなケースだけに公開できない部分がありますので、○○が何
かは参加者のみに公開との事です。

MBA非公式分校や第2回の詳細、申し込みについては⇒
http://www.insightnow.jp/communities/id/79
をご覧下さい。
   
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【貴社の取組事例や優良サプライヤ様を無料で応援させて頂いています】

弊社では、企業規模やブランドに関わらず、本当に良いモノが売れる社会
に微力ながらでも貢献したく、弊社が評価する環境負荷を低減する商品・
サービスの開発事例や優良サプライヤ様について、この環境調達.comや、
弊社のお客様や調達・購買部門の方々などに対する弊社からの情報発信を
通じて無料でご紹介させて頂いています。

是非、貴社の環境に配慮した優れた商品・サービスの開発事例や優良サプ
ライヤ様について、情報をお寄せ下さい。

弊社が応援するのは、

1.既存の商品・サービスに対して競争力を持つこと
2.実際に環境負荷を低減するもの
3.環境負荷の低減効果を証明できるもの

といった条件を満たす商品・サービス、サプライヤ様です。

この三点を弊社が評価できるものであれば、お寄せ頂く情報の様式は自由
です。環境負荷を低減する優良商品・サービスの開発事例やサプライヤ様
の情報は、このメールにご返信頂くか、ms1@samuraisourcing.com宛にお
送り下さい。評価やご紹介にあたって料金は頂戴しませんので、是非ご連
絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【調達・購買コスト削減、業務改善にお悩みの方必見!
「どこから始める調達・購買コスト削減?」セミナーテキストを無料配布】

弊社では、先般開催し、高い評価を頂いた「どこから始める調達・購買コ
スト削減?」セミナーテキストの無料配布を開始しました。

詳細はこちら⇒http://samuraisourcing.com/news/post_10.html

セミナーテキストの申し込みは、タイトルを「どこから始める調達・購買
コスト削減セミナーテキスト希望」として、

    * お名前
    * 会社名
    * 部署名
    * 役職名
    * お勤め先メールアドレス
    * 電話番号

をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛に、もしくはこのメールの返
信にてお申し込み下さい。

※当資料の配布は、調達・購買・物流関連業務に携わっている方向けに行っ
ているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、コンサルティン
グ業やソリューション提供業の方の申し込みについてはお断りさせて頂き
ます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【株式会社 戦略調達からの他の情報提供のご案内】

■調達・購買部門のマネジメントblog 「調達・購買部門の縦と横」
調達・購買部門のマネジメントのあり方について、1.部門マネジメント、
2.体系化、3.実践という弊社独自の視点により、ブログ形式でまとめ、弊
社サイトにご登録頂いた方に限り公開しています。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/knowledge/blog/

※「調達・購買部門の縦と横」は、調達・購買・物流関連業務に携わって
いる方向けに行っているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、
同業他社様からの申し込みにつきましては、お申し込みをお断りさせて頂
く場合がございますこと、ご了承願います。

■コスト削減・経費削減のヒントを無料でお届けする「週間 戦略調達」
調達・購買業務のマネジメント、戦略調達のプロフェッショナルが、最新
のトピックスから、調達・購買業務におけるトレンド、業務への影響を解
説。調達・購買業務とそのマネジメント、コスト削減・経費削減のヒント
を無料でお届けするメールマガジン。毎週火曜日発行。
ご登録・詳細はこちら⇒ http://samuraisourcing.com/knowledge/weekly/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【弊社のお勧め】

■『 中国調達とものづくりの現場から』(メルマガ)
バイヤーキャリア15年、中国調達7年の産機部品バイヤーのZhenさんの中国
調達実践論。その視点は、中国調達だけでなく、すべての調達に通じます。
無料購読はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000241825.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

個人的には、自由な競争がイノベーションを生み、人々の生活を豊かにす
ると考えており、市場主義、規制反対派です。市場への行政の介入や規制
は民間により問題が解決できない時の最後の手段にすべきと考えています
が、今回の川崎市の河川敷でのバーベキュー利用への課金は仕方のないこ
とかと考えます。

ただ、規制には、柵を設けて河川敷のアクセスを制限したり、警備員を配
置してルールを徹底させるなど、余計なコストが生じ、非効率が生じます。

ですので、本来であれば、規制や行政の介入が必要ないよう、市場の参加
者が自発的に正しい行動を取っている方が効率的なのですが、人間必ずし
もそうならないのが難しいところです(山本)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com】
■発行者 株式会社 戦略調達 中ノ森 清訓
 www.samuraisourcing.com
■発行日 毎週木曜日+随時
■創刊 2009/6/22
■ご意見、ご感想、お問い合わせは⇒ ms1@samuraisourcing.com
  トピックスの選定や構成も皆様の声に合わせていきますので、ご意見、
  ご感想をお寄せ下さい。(このメールへの返信でできます)
■引用、転送などは、出所を明記して頂ければ、了承を得たものとします。
■よろしければお知り合いや職場の方々へ、この「環境調達.com」をご
 紹介・ご転送下さい。「環境調達.com」の配信申し込み(無料)は
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000293666.html

このページの先頭へ