HOME  »  ナレッジ  »  環境調達.com

【環境調達.com 第49号 2010.6.3】
使用後も含めた用途提案で廃棄物削減‐千趣会

【ストラテジックソーシングベンチマーク調査ご協力の御礼】

この度は、お忙しい中、ストラテジックソーシングベンチマーク調査にご
協力頂きました方には、厚く御礼申し上げます。

頂いた回答をざっと眺めますと、ある程度の仮説をもって調査に臨んでい
たのですが、その仮説を良い意味で上回る面白い結果が出ています。

* 調達担当者一人当たり年平均購買金額にはかなりのバラつき
* 調達担当者一人当たりの年平均案件数が1,000を超える企業も!
* 日本の調達・購買部門が抱える弱点はここ!

こんな形で日本の調達・購買業務のマネジメントの現状や問題点を明らか
にすることができるのではと思います。

貴重なデータを頂きましたので、こちらも様々な角度から分析を重ね、よ
りよい調査結果レポートをお届けできるよう気合を入れていきます。7月
を目処にしていますが、ご協力頂いた方は、調査結果レポートを楽しみに
お待ち下さい。(山本)
   
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com 新着トピックス】

千趣会が、環境月間キャンペーン企画として、6月より1ヶ月間、カタログ
通販のベルメゾンの商品を、収納BOX等に転用できるよう可愛いデザイン
を加えた特別仕様のデザインダンボールで届けるとのことです。
(出所:同社プレスリリース)

デザインには、絵本やイラストレーション・アニメーションをはじめ、テ
レビ番組で工作指導もしている注目のデザイナーを起用し、オリジナルデ
ザインを施した本格的なものです。個数としても約33万枚のダンボールを
用意しているとのことで、かなり力を入れたキャンペーンとなっています。

今回の取組みが面白いのは、普段なら商品配送後に捨てられてしまうダン
ボールに、敢えてデザインを施し用途提案することで価値を与え、捨てに
くくしているところです。

包装における環境負荷削減の取組みは、薄肉化、軽量化、リターナブルな
ものにするリユース、リサイクルなどが中心ですが、使用後の別用途の提
案による延命というのも、一つの切り口です。

実際、個々人のレベルでは、ペットボトルをプランターに転用するなど、
使用済みの容器や包装を様々な用途に活用する工夫がされています。そう
した生活の知恵をくみ上げ、そうした活用がされやすくするというのも、
商品やサービスを提供する側の価値提案のあり方なのかもしれません。

地球温暖化対策などと大上段に構えるだけでなく、お客様の立場になって、
その商品を届けた後のことを考える、このちょっとした配慮、思いやりが
あればできることは、まだまだ沢山あります。国際会議で大規模な仕組み
を作ろうと堂々巡りの議論をするよりも、個々の企業がもうちょっとお客
様や地球環境を思いやる、そうした姿勢を持ち続けることが環境経営であ
り、より早く問題解決につながる気がします。

今回の千趣会のささやかな思いやりがお客様に伝わると良いですね。

※以上は、掲載企業からの情報や一般に公開されている情報を基に、参考
情報として、弊社の視点で編集したものです。掲載企業との取引や契約に
ついては、あなたの判断に基づき行って下さい。掲載企業との取引や契約
についてのトラブルについては、弊社では一切責任を負いませんので、あ
らかじめご了承下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【貴社の取組事例や優良サプライヤ様を無料で応援させて頂いています】

弊社では、企業規模やブランドに関わらず、本当に良いモノが売れる社会
に微力ながらでも貢献したく、弊社が評価する環境負荷を低減する商品・
サービスの開発事例や優良サプライヤ様について、この環境調達.comや、
弊社のお客様や調達・購買部門の方々などに対する弊社からの情報発信を
通じて無料でご紹介させて頂いています。

是非、貴社の環境に配慮した優れた商品・サービスの開発事例や優良サプ
ライヤ様について、情報をお寄せ下さい。

弊社が応援するのは、

1.既存の商品・サービスに対して競争力を持つこと
2.実際に環境負荷を低減するもの
3.環境負荷の低減効果を証明できるもの

といった条件を満たす商品・サービス、サプライヤ様です。

この三点を弊社が評価できるものであれば、お寄せ頂く情報の様式は自由
です。環境負荷を低減する優良商品・サービスの開発事例やサプライヤ様
の情報は、このメールにご返信頂くか、ms1@samuraisourcing.com宛にお
送り下さい。評価やご紹介にあたって料金は頂戴しませんので、是非ご連
絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

─────────────────────────────────
【調達・購買コスト削減、業務改善にお悩みの方必見!
「どこから始める調達・購買コスト削減?」セミナーテキストを無料配布】

弊社では、先般開催し、高い評価を頂いた「どこから始める調達・購買コ
スト削減?」セミナーテキストの無料配布を開始しました。

詳細はこちら⇒http://samuraisourcing.com/news/post_10.html

セミナーテキストの申し込みは、タイトルを「どこから始める調達・購買
コスト削減セミナーテキスト希望」として、

    * お名前
    * 会社名
    * 部署名
    * 役職名
    * お勤め先メールアドレス
    * 電話番号

をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛に、もしくはこのメールの返
信にてお申し込み下さい。

※当資料の配布は、調達・購買・物流関連業務に携わっている方向けに行っ
ているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、コンサルティン
グ業やソリューション提供業の方の申し込みについてはお断りさせて頂き
ます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【株式会社 戦略調達からの他の情報提供のご案内】

■調達・購買部門のマネジメントblog 「調達・購買部門の縦と横」
調達・購買部門のマネジメントのあり方について、1.部門マネジメント、
2.体系化、3.実践という弊社独自の視点により、ブログ形式でまとめ、弊
社サイトにご登録頂いた方に限り公開しています。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/knowledge/blog/

※「調達・購買部門の縦と横」は、調達・購買・物流関連業務に携わって
いる方向けに行っているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、
同業他社様からの申し込みにつきましては、お申し込みをお断りさせて頂
く場合がございますこと、ご了承願います。

■コスト削減・経費削減のヒントを無料でお届けする「週間 戦略調達」
調達・購買業務のマネジメント、戦略調達のプロフェッショナルが、最新
のトピックスから、調達・購買業務におけるトレンド、業務への影響を解
説。調達・購買業務とそのマネジメント、コスト削減・経費削減のヒント
を無料でお届けするメールマガジン。毎週火曜日発行。
ご登録・詳細はこちら⇒ http://samuraisourcing.com/knowledge/weekly/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【弊社のお勧め】

■『 中国調達とものづくりの現場から』(メルマガ)
バイヤーキャリア15年、中国調達7年の産機部品バイヤーのZhenさんの中国
調達実践論。その視点は、中国調達だけでなく、すべての調達に通じます。
無料購読はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000241825.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

6/1より新しいオフィスに移りました。新住所、連絡先は、
〒102-0083 東京都千代田区麹町6-2-6 ユニ麹町ビル4階
Tel.03-4500-1342(代表) Fax.03-5215-7073
となります。

今度の電話番号の下四桁は「いざ世に(1342)」です。これにあやかって、
これを契機に世に出ていきたいと考えていますので、今後とも一層のご支
援ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。
              (スタッフ一同を代表して、中ノ森 清訓)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com】
■発行者 株式会社 戦略調達 中ノ森 清訓
 www.samuraisourcing.com
■発行日 毎週木曜日+随時
■創刊 2009/6/22
■ご意見、ご感想、お問い合わせは⇒ ms1@samuraisourcing.com
  トピックスの選定や構成も皆様の声に合わせていきますので、ご意見、
  ご感想をお寄せ下さい。(このメールへの返信でできます)
■引用、転送などは、出所を明記して頂ければ、了承を得たものとします。
■よろしければお知り合いや職場の方々へ、この「環境調達.com」をご
 紹介・ご転送下さい。「環境調達.com」の配信申し込み(無料)は
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000293666.html

このページの先頭へ