HOME  »  ナレッジ  »  環境調達.com

【環境調達.com 第36号 2010.3.4】
コンビニ深夜規制断念が示すエコの方向性

【東京工業大学大学院 キャリアアップMOT ストラテジックSCMコースの
  ご案内】

東京工業大学大学院 キャリアアップMOT(CUMOT)サプライチェーン戦略
スクール ストラテジックSCMコースにて、弊社代表の中ノ森が講師を務め
ます。

CUMOTのプログラムは、東京工業大学大学院イノベーションマネジメント
研究科が主体となり連営する、企業の次世代を担う中核人材のキャリアアッ
プを支援する技術経営(MOT)教育プログラムです。

グローバル化する世界のニーズに応えて、新たなパラダイムに対応する新
しいサプライチェーンの創造が企業にとって大きな課題となっています。
サプライチェーン戦略スクールは、日本は個々の現場力、製品やサービス
の品質では海外に比べて勝っているのに、ビジネストータルとしてのサプ
ライチェーンマネジメント(SCM)やその成果としての収益力では遅れをとっ
ているという問題意識について、東京工業大学と産業界のメンバーが議論
を重ね、この現状を打ち破る解として、企画されたものです。

サプライチェーン戦略スクールの第一弾として、ストラテジックSCMコース
(春期)が、5月から8月にかけて開催されます。弊社代表の中ノ森は、こ
のストラテジックSCMコースでは、SCMにおける調達・購買機能のマネジメ
ントのあり方についての講義を担当します。当講義では、SCMにおける調
達・購買機能のマネジメントとはどうあるべきか、また、グローバル市場
におけるその先進事例について講義する予定です。

このコースでは、他にSCMの実務の一線で活躍しながら先端的な研究を怠
らない優れた方々を講師陣に迎え、企業の方々が、グローバル化の時代に
ふさわしい新しい構想に基づいて、幅広い経営的な視点と経営科学的なア
プローチで、それぞれの企業の戦略に即したサプライチェーン・マネジメ
ントを学び、それぞれの企業でのSCMの実現への道筋を見つけ出す力をつ
けて頂く事を目指しています。

これからのグローバル競争の軸となるSCMの根幹を理解した経営者として、
あるいはSCMのプロフェッショナルとして、日本の強み、文化を活かし、
グローバル競争に打ち勝つ、新しいSCMの形を一緒につくって行きたいと
いう経営者、経営幹部、経営企画、情報システム企画、調達・購買、生産
管理、物流部門の方々に、是非ご参加頂ければと存じます。

願書受付は3/1(月)~ 4/16(金)、締切日必着となります。志望理由な
ど、少し時間が必要と思われますので、お早めに準備頂く事をお勧めしま
す。カリキュラム概要、募集要綱などにつきましては、

東京工業大学大学院 キャリアアップMOTのウェブサイト
http://www.mot.titech.ac.jp/cumot/sss/scm/

をご覧下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com 新着トピックス】

環境問題への配慮から、コンビニエンスストアの深夜営業の規制を検討し
ていた京都市の門川大作市長が、任期中の規制導入を断念しました。コン
ビニ業界の猛反発もありましたが、市民の理解が広がらなかったのが、大
きかったようです。

コンビニの深夜営業規制は、午後11時から翌日午前7時ごろまでの営業を
コンビニに自粛させるもので、京都市が2008年に全国で始めて規制に乗り
出す考えを表明しました。省電力、二酸化炭素(CO2)の排出削減が狙
いですが、市民から「利便性が損なわれる」「経済発展の阻害要因になる」
との批判が続出し、今回の判断となったようです。
(出所:日本経済新聞 2010年2月16日 42面)

今回の一件は、エコ活動をどう進めていくべきかの方向性を示唆する良い
例だと考えられます。

エコは善い事だけど、なかなか進まないから、規制しようというのは、非
常に短絡的です。人間は、善良な部分もありますが、生来、エゴや欲望の
方が勝っています。また、経済成長がないと、人々は、不満や将来の生活
に不安を感じ、社会の安定性が崩れます。成長には、こうした利点もあり、
あながち否定すべきものではありません。たいていの規制は、現状維持や
既得権益の擁護となり、競争を阻害するため、社会の活力をそぎ、成長の
阻害要因となります。

今、日本に足りないのは、規制ではなく、成長です。ですので、規制は、
最後の手段であるべきです。一方で、善意にだけ頼っていては、エコ活動
が広がらないというのは、現状を見れば明らかです。問題は、人間のエゴ
や欲望を満たし、成長を阻害する事なく、地球環境への負荷を低減してい
くという無理、矛盾していると一見見られる課題を、同時にどうやって解
決していくかです。

本当にこの問題は解決できないのでしょうか?

我われ人間は、これまで、鉄の塊を海に浮かべたり、空に飛ばしたり、何
もない所から電気を起こしたり、人間を宇宙に送ったりしてきました。ど
れも、一見、無理だと思われる事ばかりです。

こうした無理、矛盾していると思われる課題を解決してきたのは、何れも
規制ではなく、イノベーションです。規制がイノベーションを生む事もあ
りますが、それは、規制が無理難題を押し付ける事により、人々の反発心
を生み、たまたまイノベーションにつながったにすぎません。イノベーショ
ンを起こすのは、規制ではなく、無理、矛盾していると思われる問題を解
決してやろうという人間の意志なのです。

ですので、人間のエゴや欲望の塊である経済活動に、地球環境への負荷を
低減を統合するには、規制や人間の善意は力不足です。それでも、経済活
動に、地球環境への負荷を低減を統合しなければならない段階に、今、世
界は来ています。

日本に足りないのは、規制ではなく、イノベーションを起こそうという意
志なのではないでしょうか?

※以上は、掲載企業からの情報や一般に公開されている情報を基に、参考
情報として、弊社の視点で編集したものです。掲載企業との取引や契約に
ついては、あなたの判断に基づき行って下さい。掲載企業との取引や契約
についてのトラブルについては、弊社では一切責任を負いませんので、あ
らかじめご了承下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【「穫れたて調達情報」コーナー開設のご案内】

弊社では、この度、お付き合いさせて頂いている優良サプライヤの方々か
らこっそり教えて頂いた、穫れたてのお得情報をご紹介する「穫れたて調
達情報」コーナーを、弊社サイト内に設けました。

「穫れたて調達情報」の第一弾は、バクテリアを99%捕捉する「サージカ
ル/メディカルマスク」と、花粉症対策や食品加工等の衛生作業向けの
「フェイスマスク」です。今回のお得な点は、中国工場からの直接調達に
よる価格優位性です。

今回のマスクご紹介を記念し、不織布三層マスクを関東地域への送料込で
1カートン=5,510円(50枚/1ケース×40ケース=2,000枚、1枚=2.76円)
で販売します。限定100カートンの特価販売です(関東地域以外の方は別
途ご相談させて頂きます。お気軽にお問合わせ下さい。)

「穫れたて調達情報」ならびに「サージカル/メディカルマスク」「フェ
イスマスク」の詳細情報はこちらです。 ⇒
http://www.samuraisourcing.com/partners/goods/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【貴社の取組事例や優良サプライヤ様を無料で応援させて頂いています】

弊社では、企業規模やブランドに関わらず、本当に良いモノが売れる社会
に微力ながらでも貢献したく、弊社が評価する環境負荷を低減する商品・
サービスの開発事例や優良サプライヤ様について、この環境調達.comや、
弊社のお客様や調達・購買部門の方々などに対する弊社からの情報発信を
通じて無料でご紹介させて頂いています。

是非、貴社の環境に配慮した優れた商品・サービスの開発事例や優良サプ
ライヤ様について、情報をお寄せ下さい。

弊社が応援するのは、

1.既存の商品・サービスに対して競争力を持つこと
2.実際に環境負荷を低減するもの
3.環境負荷の低減効果を証明できるもの

といった条件を満たす商品・サービス、サプライヤ様です。

この三点を弊社が評価できるものであれば、お寄せ頂く情報の様式は自由
です。環境負荷を低減する優良商品・サービスの開発事例やサプライヤ様
の情報は、このメールにご返信頂くか、ms1@samuraisourcing.com宛にお
送り下さい。評価やご紹介にあたって料金は頂戴しませんので、是非ご連
絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

─────────────────────────────────
【調達・購買コスト削減、業務改善にお悩みの方必見!
「どこから始める調達・購買コスト削減?」セミナーテキストを無料配布】

弊社では、先般開催し、高い評価を頂いた「どこから始める調達・購買コ
スト削減?」セミナーテキストの無料配布を開始しました。

詳細はこちら⇒http://samuraisourcing.com/news/post_10.html

セミナーテキストの申し込みは、タイトルを「どこから始める調達・購買
コスト削減セミナーテキスト希望」として、

    * お名前
    * 会社名
    * 部署名
    * 役職名
    * お勤め先メールアドレス
    * 電話番号

をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛に、もしくはこのメールの返
信にてお申し込み下さい。

※当資料の配布は、調達・購買・物流関連業務に携わっている方向けに行っ
ているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、コンサルティン
グ業やソリューション提供業の方の申し込みについてはお断りさせて頂き
ます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【株式会社 戦略調達からの他の情報提供のご案内】

■調達・購買部門のマネジメントblog 「調達・購買部門の縦と横」
調達・購買部門のマネジメントのあり方について、1.部門マネジメント、
2.体系化、3.実践という弊社独自の視点により、ブログ形式でまとめ、弊
社サイトにご登録頂いた方に限り公開しています。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/knowledge/blog/

※「調達・購買部門の縦と横」は、調達・購買・物流関連業務に携わって
いる方向けに行っているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、
同業他社様からの申し込みにつきましては、お申し込みをお断りさせて頂
く場合がございますこと、ご了承願います。

■コスト削減・経費削減のヒントを無料でお届けする「週間 戦略調達」
調達・購買業務のマネジメント、戦略調達のプロフェッショナルが、最新
のトピックスから、調達・購買業務におけるトレンド、業務への影響を解
説。調達・購買業務とそのマネジメント、コスト削減・経費削減のヒント
を無料でお届けするメールマガジン。毎週火曜日発行。
ご登録・詳細はこちら⇒ http://samuraisourcing.com/knowledge/weekly/

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【弊社のお勧め】

■『 中国調達とものづくりの現場から』(メルマガ)
バイヤーキャリア15年、中国調達7年の産機部品バイヤーのZhenさんの中国
調達実践論。その視点は、中国調達だけでなく、すべての調達に通じます。
無料購読はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000241825.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

弊社では、お客様の組織的かつ継続的な調達・購買力の向上やプロフェッ
ショナルなバイヤの育成に資するべく、調達・購買業務ならびにそのマネ
ジメントに関わるスキル・知識・技術の理論化、体系化を図る事が、事業
目的の一つでもあります。

ですので、この度、弊社のメンバーが、皆様のご支援にて、サプライチェー
ンマネジメントをリードする第一線の方々と共に、東京工業大学大学院キャ
リアアップMOTでの講義を、担当する機会を頂けた事に感謝の意を表すと
共に、また、その重責を全うすべく研鑽して参りますので、これからもご
指導ご支援の程宜しくお願い申し上ます。(山本)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com】
■発行者 株式会社 戦略調達 中ノ森 清訓
 www.samuraisourcing.com
■発行日 毎週木曜日+随時
■創刊 2009/6/22
■ご意見、ご感想、お問い合わせは⇒ ms1@samuraisourcing.com
  トピックスの選定や構成も皆様の声に合わせていきますので、ご意見、
  ご感想をお寄せ下さい。(このメールへの返信でできます)
■引用、転送などは、出所を明記して頂ければ、了承を得たものとします。
■よろしければお知り合いや職場の方々へ、この「環境調達.com」をご
 紹介・ご転送下さい。「環境調達.com」の配信申し込み(無料)は
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000293666.html

このページの先頭へ