HOME  »  ナレッジ  »  環境調達.com

【環境調達.com 第32号 2010.2.4】2009年環境調達.comから2010年を展望する

【環境調達.com 新着トピックス】

「環境調達.comの2009年の記事を振り返り2010年を占う」記事投票にご協
力頂いた方、ありがとうございました。

ダントツの支持を集めた記事はなく、投票頂いたのは、以下の通りです。

【第8号 2009.8.13】フライパンからジェット機まで、なんでもシェアす
るShareMo(シェアモ)    
http://www.samuraisourcing.com/knowledge/green/archive/g8.html

(投票理由)シェアするというのは、サービスがあることも大切ですが、
利用者(消費者)の意識がまずこれまでの所有という考え方から一歩抜け
出すことが前提であると思います。利用者の意識変化が進んでいることに
一票!

【第20号 2009.11.5】水を使わずに印刷、VOCや廃液の回収・処理を解消
する水なし印刷
http://www.samuraisourcing.com/knowledge/green/archive/g20.html

(投票理由不明)
    
【第27号 2009.12.24】案の定、成果をもたらさなかったCOP15を糧に、
今後の環境経営を考える    
http://www.samuraisourcing.com/knowledge/green/archive/g27.html

(投票理由)世界における日本のリーダーシップ不足が改めて露見した
ニュース

シェアモの記事に投票頂いた方の投票理由の通り、環境負荷削減を事業活
動に統合する真の環境経営を進めていくには、お客様がそれを価値として
認めて頂く意識改革が必要です。

2009年は不況による節約志向とあいまってか、シェア、レンタル、リサイ
クル、居抜きといったサービスが注目を集め、業績の伸ばしました。

きっかけはどうであれ、物を大切に使う、もったいないと思える心がカッ
コいいという価値観の転換は、環境経営実現の上で不可欠な要素だと、弊
社も考えます。

2010年は、環境負荷低減を一過性のトレンドでなく、新しい価値として定
着させる年にしなければなりません。

水なし印刷は、環境負荷低減技術が、業界の基礎技術そのものを変えてい
く事例です。基礎技術の転換は、製造設備、原材料、部品など影響範囲が
広く、これらをセットで変えていかなければいけないため、時間が掛かり
ます。

それでも、それに成功すれば、市場での主導権を握るチャンスです。環境
負荷低減技術は、お客様や関連企業の価値観だけでなく、競争のルールを
変え、大きなチャンスをつかむ機会をもたらすものですから、腰を据えて
この分野に取り組む企業には、きっと大きな成功をもたらす事でしょう。

COP15の迷走は、日本のみならず国際政治、国家という枠組みでのリーダー
シップの限界を露呈したものと思います。我われが、これからは、お上ば
かりに頼るのではなく、企業人として、消費者として、グローバルの(い
や、宇宙ゴミの問題を考えると宇宙のでしょうか)視点で、自分の信じる
道を進み、一人ひとりのリーダーシップを発揮していく、それが、結果的
には、自分にも、全体にも良い結果につながるのではないでしょうか。

そうした意味で、引き続き日本政府には、高い目標と主要排出国への強い
要求で、他国ならびに国際政治を引っ張っていって欲しいと思います。

日本の高い排出量削減目標に対し、目標だけで計画がないと批判がありま
すが、計画、実行するのは、我われ企業、個人に任せた方が、上手くいき
ます。日本の場合は、経営者がマイクロマネジメントするよりも、「3割
コスト削減」と経営者は言うだけの方が、結果として上手く行ってるじゃ
ありませんか。

国際的な目標設定が上手くいくかどうかは分かりませんが、環境負荷削減
の方向性は変わりません。そういった意味から、環境負荷削減の計画、実
行の必要性の高まりに対応した企業が、今後は伸びるでしょう。実際には、
排出量削減目標に対し文句をつけている企業も、裏では環境負荷削減技術
の取り込みに奔走しており、「そんなのできっこない」と高を括っている
とあっという間に置いていかれます。

今回の記事投票の結果で一点だけ気になっているのが、コスト削減をテー
マにしている「週刊 戦略調達」に比べて、この「環境調達.com」は盛り
上がりに欠けている点です。読者の増加ペースも「環境調達.com」は「週
刊 戦略調達」の半分位です。

環境に関わる情報は非常に氾濫しており、「環境調達.com」がその中に埋
もれているだけならよいのですが。。。

繰り返しになりますが、環境経営には、お客様からの支持が不可欠です。
不況で余裕がないせいかもしれませんが、まだまだ環境負荷低減の価値化
にはつながっていないのではないかとの懸念も、実は弊社の中にはありま
す。

弊社では、環境負荷低減と経営の統合という絞った視点で情報発信してい
く事により、少しでも環境負荷低減の価値化につなげられればと考えてお
りますので、2010年も「環境調達.com」をよろしくお願い申し上げます。

※以上は、掲載企業からの情報や一般に公開されている情報を基に、参考
情報として、弊社の視点で編集したものです。掲載企業との取引や契約に
ついては、あなたの判断に基づき行って下さい。掲載企業との取引や契約
についてのトラブルについては、弊社では一切責任を負いませんので、あ
らかじめご了承下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【貴社の取組事例や優良サプライヤ様を無料で応援させて頂いています】

弊社では、企業規模やブランドに関わらず、本当に良いモノが売れる社会
に微力ながらでも貢献したく、弊社が評価する環境負荷を低減する商品・
サービスの開発事例や優良サプライヤ様について、この環境調達.comや、
弊社のお客様や調達・購買部門の方々などに対する弊社からの情報発信を
通じて無料でご紹介させて頂いています。

是非、貴社の環境に配慮した優れた商品・サービスの開発事例や優良サプ
ライヤ様について、情報をお寄せ下さい。

弊社が応援するのは、

1.既存の商品・サービスに対して競争力を持つこと
2.実際に環境負荷を低減するもの
3.環境負荷の低減効果を証明できるもの

といった条件を満たす商品・サービス、サプライヤ様です。

この三点を弊社が評価できるものであれば、お寄せ頂く情報の様式は自由
です。環境負荷を低減する優良商品・サービスの開発事例やサプライヤ様
の情報は、このメールにご返信頂くか、ms1@samuraisourcing.com宛にお
送り下さい。評価やご紹介にあたって料金は頂戴しませんので、是非ご連
絡頂きたく、よろしくお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【調達・購買コスト削減、業務改善にお悩みの方必見!
「どこから始める調達・購買コスト削減?」セミナーテキストを無料配布】

弊社では、先般開催し、高い評価を頂いた「どこから始める調達・購買コ
スト削減?」セミナーテキストの無料配布を開始しました。

詳細はこちら⇒http://samuraisourcing.com/news/post_10.html

セミナーテキストの申し込みは、タイトルを「どこから始める調達・購買
コスト削減セミナーテキスト希望」として、

    * お名前
    * 会社名
    * 部署名
    * 役職名
    * お勤め先メールアドレス
    * 電話番号

をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛に、もしくはこのメールの返
信にてお申し込み下さい。

※当資料の配布は、調達・購買・物流関連業務に携わっている方向けに行っ
ているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、コンサルティン
グ業やソリューション提供業の方の申し込みについてはお断りさせて頂き
ます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

【株式会社 戦略調達からの他の情報提供のご案内】

■調達・購買部門のマネジメントblog 「調達・購買部門の縦と横」
調達・購買部門のマネジメントのあり方について、1.部門マネジメント、
2.体系化、3.実践という弊社独自の視点により、ブログ形式でまとめ、弊
社サイトにご登録頂いた方に限り公開しています。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/knowledge/blog/

※「調達・購買部門の縦と横」は、調達・購買・物流関連業務に携わって
いる方向けに行っているため、企業・機関・団体様を特定できない場合や、
同業他社様からの申し込みにつきましては、お申し込みをお断りさせて頂
く場合がございますこと、ご了承願います。

■コスト削減・経費削減のヒントを無料でお届けする「週間 戦略調達」
調達・購買業務のマネジメント、戦略調達のプロフェッショナルが、最新
のトピックスから、調達・購買業務におけるトレンド、業務への影響を解
説。調達・購買業務とそのマネジメント、コスト削減・経費削減のヒント
を無料でお届けするメールマガジン。毎週火曜日発行。
ご登録・詳細はこちら⇒ http://samuraisourcing.com/knowledge/weekly/
                
■調達・購買プロフェッショナル登録
当制度は、弊社でのポジションの有無に関わらず、調達・購買業務でキャ
リアを形成したいという方々に、希望する調達材カテゴリやご経歴などを
伺い、適したポジションの募集が生じた場合に、優先的にご登録頂いた方
へ働きかけるものです。

ご登録頂いた方には、定期的情報提供やトレーニング、各人の研鑽を目的
としたディスカッションセッションなどへのご招待といったメリットがあ
りますので、是非ご登録をお願いします。詳細はこちら⇒
http://samuraisourcing.com/recruit/recruit/entry.html

■「月刊 戦略調達」のご案内
弊社では、弊社からのお知らせや弊社の調達・購買業務、部門マネジメン
トに関するトピックをお送りする「月刊 戦略調達」を発行しています。
「月刊 戦略調達」は、臨時号を除き月刊で発行する予定です。

「月刊 戦略調達」のご購読をご希望の方は、件名を「月刊 戦略調達配
信希望」とし、
  1) 貴社名
  2) 貴部署名
  3) お役職名
 4)お名前
  5) ご所属先メールアドレス
 6) お電話
  をご記入の上、ms1@samuraisourcing.com 宛にメールにてお送り下さい。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【弊社のお勧め】

■『 中国調達とものづくりの現場から』(メルマガ)
バイヤーキャリア15年、中国調達7年の産機部品バイヤーのZhenさんの中国
調達実践論。その視点は、中国調達だけでなく、すべての調達に通じます。
無料購読はこちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000241825.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この度は「週刊 戦略調達と環境調達.comで2009年を振り返る」に多くの
方からご協力頂き、誠にありがとうございました。実は、蓋を開けてみる
前は、投票がまったく集まらないのではとドキドキでした。

お蔭様で、記事を書けるだけの情報が集まり、ほっとしています。

また、思わぬ収穫がありました。読者の方の反応、考え方がそこはかとな
く伺えた事です。

こちらが乾坤の一擲で書いた記事が空振りに終わったり、切れ味が悪いな
と思っていた記事が思わぬ評価を頂いたり。また、こちらが想定していな
かった角度から記事を読み、こちらが意図していなかった収穫を得て頂い
たりといった事もありました。

今回のまとめの記事で不興を買わなければ、この企画、来年も続けようと
考えています。おっと、来年の話をするにはまだ早いですね :) (山本)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
【環境調達.com】
■発行者 株式会社 戦略調達 中ノ森 清訓
 www.samuraisourcing.com
■発行日 毎週木曜日+随時
■創刊 2009/6/22
■ご意見、ご感想、お問い合わせは⇒ ms1@samuraisourcing.com
  トピックスの選定や構成も皆様の声に合わせていきますので、ご意見、
  ご感想をお寄せ下さい。(このメールへの返信でできます)
■引用、転送などは、出所を明記して頂ければ、了承を得たものとします。
■よろしければお知り合いや職場の方々へ、この「環境調達.com」をご
 紹介・ご転送下さい。「環境調達.com」の配信申し込み(無料)は
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000293666.html

このページの先頭へ