小売業

小売業界にとって大切なのは、高い品質の商品を低価格で提供し、お客様の再来店を促す環境を創り、維持していくことです。これを達成するには、小売事業のあらゆる要素を幅広く考慮する必要があります。成功を収めた小売企業を見ていきますと、その成功の裏側には、良く考慮された効率的なサプライチェーンがあり、そこでは、小売企業の自社の都合よりも、取引先との関係が優先されています。

小売企業は、対話型電子見積を用いて、自社のサプライチェーンの効率を大きく改善することができます。小売企業は、対話型電子見積を用いて、自社と詳細な情報共有、自動補充、足の速い品揃えの提案やITシステムによるオペレーションの統合などに対応できる取引先を選別し、消費者からメーカーに至るまでの自社のサプライチェーンを、より強固なものにしています。

対話型電子見積を利用して、自社の調達業務やサプライチェーンを効率化してきた小売企業様には、Best Buy社や Linens 'n Things社、PetSmart社、Ross Stores社などが挙げられます。小売企業のお客様は、対話型電子見積のメリットを活用して、サプライチェーンや店舗のプランニング、物流、店舗資器材、商材、PB(プライベートブランド)商品、マーケティング関連の調達において、成果を上げています。

コンバインネットを利用して、いかにして小売業のお客様が、魅力的な店舗を維持しつつ、取引先との効率的なサプライチェーンを築いているかをお知りになりたい方は、こちら、もしくは03-5778-7502(代表)宛にご連絡下さい。

このページの先頭へ