対話型電子見積 業種別適用事例

対話型電子見積は、個々の調達案件において、サプライヤ向けに公開する仕様に加えて、見積・入札、見積明細および提案や、見積評価方法などが柔軟に設定できることから、様々な業種、品目、規模、調達戦略に基づく調達案件に、幅広くご利用頂いています。

対話型電子見積のお客様には、一般消費財から小売、テクノロジー、製造、自動車、医療、化学、医療機関、行政機関まで、あらゆる業界や分野に属する企業や組織が含まれています。業種は様々ですが、お客様に共通しているのは、これまでの自社の調達努力や他社の調達ソリューションでのコスト低減には限界が生じており、対話型電子見積を利用することによって、そうした停滞状況から抜け出し、新たなる高みに昇ることができたということです。

各産業セクターにおける対話型電子見積を利用した調達についてご覧になりたい方は、以下のそれぞれのリンクをクリックして下さい。
製造業
小売業
行政機関
医療機関

対話型電子見積 は、既に中国、北米、欧州、中南米で、メーカ、卸、小売など様々なお客様の直接材、間接材、輸送、サービスのソーシングにおいて、グローバルかつ豊富な専門サービスを提供させて頂いております。対話型電子見積を利用されているお客様には、H.J. ハインツ社、プロクター&ギャンブル社、シーメンス、米国郵便公社など、Fortune100に選ばれている企業の15社、Global 1000に含まれている企業の50社を超える企業様がいらっしゃいます。

このページの先頭へ